• アクセスカウンター

  • プロフィール

    ウィンズラボ 谷口

    Author:ウィンズラボ 谷口
    自衛隊で約5年勤務。トロンボーンを吹く。大阪に4年、愛媛に半年勤務後退職。その後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をする。その後上京し、楽器修理の専門学校へ入学。同時に修理技術者のもとへ通い、実践現場でも技術を学ぶ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在に至る。

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/07/14(Wed)

中古ディスカントホルン

H200-1
ホルトンのディスカントホルン中古が入荷しました。
現在は受注生産品となっています。
今回とてもお値打ちな価格での販売となりますので、ご興味のある方は早めにご連絡下さい。
♪売却済み 22.9.26
中古ディスカントホルン
ホルトン・・・H200
新品定価・・・942,900円 (税込)
販売価格・・・2☆0,000円 (税込)
《仕様》
デタッチャブルベル
B♭→HighF
ボア 11.89mm
マウスパイプ 7.87mm イエローブラス製
ベル ミディアムスロートベル
ベル径 12-1/4”
ベル材質 イエローブラス
ロータリー ブラス製 5ロータリー
ケース 純正品付属
マウスピース なし
※ダミー管にヘコミがありますが、息の通っていない管なので、演奏に支障はありません。その他に大きなヘコミはありません。(修復痕はあります)
ご興味のある方はご連絡下さい。
taniguchi★windslabo.net (★マークをアットマークに変更してメールしてください)
詳しい画像もお送りすることができます。

H200-2 H200-3
(クリックで拡大します)
お客様であるTABATA様のコメント
TABATA'S MASSAGES
「20数年ぶりに吹いた。中古だが。過去に吹いたとき、それほど魅力を感じなかった。今よりも息が散っていたのかもしれない。で、今回は意外に良かった。フルトリプルや107を吹いてきたせいもあるだろう。
フルダブルとの持ち替えは楽そう。音は明るめで割とはきはきしていると思う。繊細過ぎることもないし反応も音程も良くて吹きやすい。アメリカン・タイプの太管を吹いている方にも受け入れられやすいかな?だから、結構早く売れるだろうな。
県内に107が最低4台はある。ディスカント・ダブルの需要はまだあるだろう。近年、吹奏楽でもかなり凝った楽曲を取り上げるようになっているので、必要性は増しているはずだ。だから引き合いはあるはず。さすがに自分はディスカント・ホルンを2台持つ余裕はないが。(笑)
巻きはパックスマンの昔のディスカント・ダブル同様。現在でも、コーンが模倣している。「理にかなった良いデザインは生き残る」ことの証明だろう。0番バルブ(ハイF切替用)は、103のスパイダー・バルブ同様、楽器のバランスの中心となっている。ベル胴にバルブがないことが、明るい音につながっているのだろう。材質がイエロー・ブラスであることももちろん関係している。標準的な工作精度がでも良い音がするデザインなのか?
特徴的なのは、ゲシュトップ用のバルブが2段となっていて、B♭管・ハイF管の両方に対応していること。これは大変珍しいもので、見たことがない。
それにしても、よくぞ特殊管の中古がこうも出てくるのかなあ?
今回の売り主はどんな楽器を後継にしているのだろうなあ?などと考えてしまう。(笑)・・・」
Home | Category : 中古楽器 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Next | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。