• アクセスカウンター

  • プロフィール

    ウィンズラボ 谷口

    Author:ウィンズラボ 谷口
    自衛隊で約5年勤務。トロンボーンを吹く。大阪に4年、愛媛に半年勤務後退職。その後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をする。その後上京し、楽器修理の専門学校へ入学。同時に修理技術者のもとへ通い、実践現場でも技術を学ぶ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在に至る。

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/07/12(Mon)

ホール練習

ホール練習
7月に入ると、連日コンクール会場となるホールにて練習が行われております。
ホールに合わせて演奏者の場所を決めたり、音量バランスのチェックをします。
事前にホールで確認できることはとても良いと思いますが、リハーサルといえどやはりお金がかかります。
したがって1日ホール練習なんて滅多にできません。
ほとんどの団体が3時間前後でしょうか?
ホールの料金だけではありません。
移動をバスで行えば、その交通費、また楽器を運ぶためのトラック代もかかります。
でもある団体に聞いたところ、1人あたりの経費は思ったほど高くはありませんでした。
ご父兄が分担して、生徒を自家用車で送迎していた学校もありました。
何か考えれば意外に安くできるかもしれません。
ホールでの練習。できればやった方がいいかも~
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    富山は今年は新川だと聞きました。すばらしいホールでコンクールができていいですね~。今は県外なんですが、こちらはあまり良いホールがないのかな?どこに行っても古いし、音が響かないような…(泣)
    年に一度のコンクール。子供の一生懸命の演奏をすばらしいホールで聞きたいですよね。

  • ホール

    今年は全日本吹奏楽連盟のコンクールが新川文化ホールで、中部日本吹奏楽コンクールが砺波市文化会館です。
    新川のホールは良い響きですよね。
    打楽器はかなり響くので、音量には注意しなければならないですね。
    北陸大会は石川県の県立音楽堂です。
    実は私、このホールで一度も演奏を聴いたことがありません。
    どんな響きなんでしょうね。

  • ホール練習

    ホール練習・・・
    うちの娘の吹部は定演前のみです。
    コンクール前は予算がないのかしませんねぇ。
    本番当日の楽器運搬はレンタカーを借りて先生が運転。県大会までは部員の移動は電車・バスを乗り継いで・・・関西大会で初めてチャーターバスです。
    しかもバス代は後日頭割りで徴収となります。
    部費が安い分(年間8000円)仕方ありませんが、せめてコンクール前のホール練習はさせてあげたいですねぇ。これ以外でも楽器の確保には特に県立校の場合、どこも苦労してるようです。
    初めて近くでチューバを見た時に驚きました。
    ステージでは光り輝いて見えるものの、実際は板金塗装が必要な車のように無残なものでした。
    どの楽器も年季が入ってました。(笑)

Home Home | Next | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。