FC2ブログ
  • アクセスカウンター

  • プロフィール

    ウィンズラボ 谷口

    Author:ウィンズラボ 谷口
    自衛隊で約5年勤務。トロンボーンを吹く。大阪に4年、愛媛に半年勤務後退職。その後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をする。その後上京し、楽器修理の専門学校へ入学。同時に修理技術者のもとへ通い、実践現場でも技術を学ぶ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在に至る。

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/07/12(Mon)

ちょっとひと息~ ( ^^) _U~~

コンビニコーヒー
いま当店のような管楽器専門店は、忙しさがピークに達しています。急な楽器の故障とか・・・「明日までに何とか直してー!」 リード、マレットなど・・・「すぐに持ってきてー!」とか。それに加えて、コンクール会場でのホール練習が連日行われており、それに立ち会うことも多くなります。ホール練習で、楽器店は何するのと思われますよね。まずは楽器のトラブルがあった時に、すぐに対処できるようにですね。またマレット選びや楽器の積み込みなどの手伝いをします。場合によってはトラックを借りて楽器を運搬しますが、今はほとんど運送屋さんにお願いしております。そして、演奏を聴いて感じたことを(楽器修理技術者の立場から)、先生にお伝えしております。

当店では、社員による楽器指導や合奏指導は、基本行ないません。指導ができる者でも、楽器店の社員である以上、やらない方がいい。昔、学校の先生からお願いされ、ある学校の部活動非常勤講師をしていたり、パートの指導をしていたことがありますが、引き受けた以上いい加減なこともできません。一生懸命やらせていただきましたが、その結果、本来の仕事が全然できなくなりました。それが仕事として成り立てばよいのですが、楽器店のスタッフが行う指導には、大体はお手当がありません。もちろん指導をすることで、売上に反映してくることもありますが、でもアドバイス程度にとどめておくべきですね。指導を依頼された時は、県内にも専門の勉強をしてこられた方がたくさんいらっしゃいますので、その方々をご紹介しています。

さて、最近サークルKで本格的なコーヒーが150円でいただけるようになりました。皆さんご存知でしたか? コーヒー好きにとって、缶コーヒーは、あまり美味しいコーヒーだとはいいません。私は買っても半分位残してしまいます。時間のある時は、紙カップに入ったインスタントコーヒーを購入します。そして袋から開けて、コンビニのお湯を入れて飲みます。
忙しい中にも、ほんの数分ひと息つく時間・・。本格的なコーヒーが飲めるようになったコンビニ。私には、とてもありがたい癒しポイントになりました。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Next | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。