FC2ブログ
  • アクセスカウンター

  • プロフィール

    ウィンズラボ 谷口

    Author:ウィンズラボ 谷口
    自衛隊で約5年勤務。トロンボーンを吹く。大阪に4年、愛媛に半年勤務後退職。その後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をする。その後上京し、楽器修理の専門学校へ入学。同時に修理技術者のもとへ通い、実践現場でも技術を学ぶ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在に至る。

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/12/27(Sun)

新品のSAXタンポ

新品タンポ2
当店では新品だからといって、入荷してきたばかりの楽器を確認もせず納品はしません。技術者がいる管楽器専門店ではそんなことはないと思いますが、技術者のいない楽器店ではちょっと注意して購入してください。出来れば技術者がいる専門店での購入をお勧めします。
次の写真は新品のサックスタンポです。
サックスタンポ
※タンポの裏にメーカー名が入っているため、加工しております。見辛いですがご了承下さい。
このタンポは、カップにくっつく程度しかシェラックがついていません。この場合調整しようにもしようがありません。全てがこうなっているわけではありませんが、このようなタンポがかなり多いのは確かです。特に輸入メーカーのものはしっかりチェックします。このタンポは、一旦タンポを外し、接着剤となるシェラックを付け足して、再びキイカップに取り付け調整します。
メーカーでは海外から入荷した時点で一度チェックし調整をします。しかしその後数ヶ月なにもしないで倉庫に眠っていることもあります。タンポは革で、その中にはフェルトが入っており、気温や湿度の影響で微妙に変化します。サックスって以外に繊細なんですよ。
Home | Category : 修理 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Next | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。