FC2ブログ
  • アクセスカウンター

  • プロフィール

    ウィンズラボ 谷口

    Author:ウィンズラボ 谷口
    自衛隊で約5年勤務。トロンボーンを吹く。大阪に4年、愛媛に半年勤務後退職。その後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をする。その後上京し、楽器修理の専門学校へ入学。同時に修理技術者のもとへ通い、実践現場でも技術を学ぶ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在に至る。

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/09/29(Sat)

メッキ加工


最近マウスピースやリガチャーに、メッキをしてほしいという依頼が増えている。
メッキの種類は、かなりたくさんある。
ゴールド、ピンクゴールド、グリーンゴールド、シャンパンゴールド、サテンゴールド、アンティークゴールド、フェリックゴールド、グリーンゴールド、ホワイトゴールド、プラチナメッキ、シルバーメッキ、サテンシルバーなど。
1種類のメッキをかけることも出来るし、2種類のメッキにすることもできる。
また厚くかけることも可能だ。
金メッキの場合は、厚くメッキをすると金額が高くなってしまうけどね。
写真は、左からアンティークホワイトゴールド、アンティークゴールドメッキ、フェリックゴールドメッキ、シャンパンゴールドメッキ、そして1番右がリムがゴールドにシャンクがサテンピンクゴールド。
(左の2つはトランペットのエッジエフェクター。)
もちろん楽器本体にもメッキする事ができる。
が、金メッキはかなり高いです。
何だか最近楽しくて、いろいろなメッキをしてしまう。
皆さんがお持ちのものにもメッキできますが、下地が良くないとキレイにメッキできませんので念のため。
スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
Home Home | Next | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。