FC2ブログ
  • アクセスカウンター

  • プロフィール

    ウィンズラボ 谷口

    Author:ウィンズラボ 谷口
    自衛隊で約5年勤務。トロンボーンを吹く。大阪に4年、愛媛に半年勤務後退職。その後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をする。その後上京し、楽器修理の専門学校へ入学。同時に修理技術者のもとへ通い、実践現場でも技術を学ぶ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在に至る。

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/06/29(Fri)

下村健治さん


今日、石川県出身の若手ホルン奏者「下村健治」さんが来店。
8月にある若手音楽家の演奏会の案内にこられました。
29歳とまだ若いですが、演奏レベルはかなり高いです。
下村さんとは中学からのお付き合いです。
ただ大学時代からつい最近まで、しばらく会っておりませんでしたが、かなり成長して帰ってきました。
これから期待できる新人です。
少し時間があるとのことだったので、入ってきたばかりの最新版エルクhttp://www.hamars.jp/のホルンと、ミュートの吹き比べをしていただきました。
ミュートですが、写真左からトラムコアhttp://www.trumcor.com/、ウォレスコレクションhttp://www.voigt-brass.com/wallace_engl.html、ユポン。
全てミュート内の容積を変えて、ピッチを調整することができるチューニング式です。
結論から言うと、総合評価1位トラムコア。2位ウォレスコレクション。3位ユポン。
トラムコアは、とにかく言うことなし!クリアな音色で、ミュートをつけてない時と同様違和感無しに吹けるようです。
ウォレスコレクションは、若干抵抗があり、音色はトラムコアよりソフト。
ユポンは、まあまあだが音域によって音質の違いがでてしまいます。
音色はウォレスコレクションに似ていてやわらかい音色です。
ルイースやデニスウィックのものもあればよかったが、またこの次に・・。
最後に、下村さんのプロフィールをご紹介します。

《下村健治》
・石川県生まれ
・錦丘高校卒業
・愛知県立芸術大学卒業
・ミュンヘン市立リヒャルト・シュトラウス音楽院卒業
・ワイマール国立音楽大学卒業
 ドイツの大学では、ホルンと室内楽を専攻
・現在フリー奏者として演奏活動、後進の育成にあたる
・主に石川県内でホルン演奏や指導、吹奏楽指導など活躍中です
スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home Home | Next | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。